ヨーグルトには応用性があります。ですから、様々な料理で使われることが多いですね。(笑顔)例えば以下のような物があります。※カレーの隠し味にヨーグルトを使うことができます。元々、カレーはヨーグルトドリンク(ラッシー)と共に食べることが多いのですよね。相性は抜群です。(笑顔)このようにヨーグルトは万能なのです。もちろんヨーグルトは、普通の料理だけではありません。あとは、お菓子作りにも十分活用することが出来ます。

そこで今回は、このヨーグルトを使ったケーキの作り方を勉強してください。(笑顔)『ヨーグルトのベイクドパウンドケーキ』ヨーグルトの水切りをします。このようにお手軽レシピですのでお菓子作りが初めての方にもお勧めできます。<材料について・必要なも>※卵を2個、※コーンスターチ(もしくは薄力粉)30g、※最後にレモン汁が大さじ1程度です。(笑顔)<作り方>プレーンヨーグルトをざるに入れます。次に一晩かけて冷蔵庫で脱水します。※この時、脱水することでヨーグルトは250g程度の量になります。続いて型にクッキングシートをおきます。そして、オーブンを180℃に加熱しておきます。(笑顔)ボウルに卵と砂糖を加えます。湯せんしながらハンドミキサーで混ぜます。※指を入れて温かみをチェック!そのあとは、生クリーム状になるまで五分程度ハンドミキサーで泡立てます。続いて脱水したヨーグルト、コーンスターチ、レモン汁の順番に加えていきます。更にハンドミキサーで混ぜます。次にレモン汁加えたら、へらを使い最後にもうひと混ぜします。オーブンで四十分程度焼き上げ、焼けたら粗熱を取ります。(笑顔)

<ケーキのポイント>油を使っていないので、とてもヘルシーです。ですからダイエット中にも食べられますよね。(笑顔)美味しいスイーツを食べて便秘解消、ダイエットができます。ですから、文句のつけようがありませんよね。是非、便秘解消のお供にでも良いですし、ヨーグルトのベイクドパウンドケーキをご賞味あれ!!?(笑顔)

関連ページ