フラット35sエコの技術基準とは?

フラット35sは、審査を受けるには、エコ技術基準をクリアする必要があります。
この技術基準をクリアしているという証明を受けるために検査を受けなければいけないのですが、証明をする為の建築士、建築士を擁する業者が指定されています。
フラット35sの公式ページを見るとお住まいの地域で検査、証明の資格を持っているところを検索することができます。
多くは、フラット35s取り扱い業者を利用することで、図面上の検査、中間検査(建築中の検査)、竣工検査を持って、フラット35s融資資格に適合しているという検査を入れながらすすめてくれますから、施工主は、業者に検査、申請などお願いする形になるでしょう。
長期固定金利が利用出来て、高機能優良住宅が購入出来るので、是非、利用したい制度です。
フラット35Sの審査は厳しい?甘い?金利引き下げ!【技術基準落ちる?】