ブロードバンド回線のメリット

プラスチックやガラスの極めて細い繊維で作られているケーブル「光ファイバーケーブル」を使用したブロードバンド回線のことを「光回線」といいます。

光ファーバーケーブルとは、通常のケーブルのように電気を流して情報を伝えるタイプではなく、コンピューターから発せられる電気信号をレーザーを用いて光信号に変換し、光ファイバーケーブルを通じて情報を伝えるという特徴をもつケーブルで、情報信号の減衰が少なく、ノイズの干渉に対して強いというメリットがあります。
また、光回線を使用することで、NTT局舎から遠く離れた場所にいても安定した速度での情報伝達が可能であることや、大容量のデータ通信も速やかにおこなうことも可能です。
セキュリティ面に関しては、他者に傍聴されにくく伝達情報に関する秘密保持が容易であることも特徴です。
近年では、インターネット接続やテレビの映像信号の配信、音声通話など日常生活の中で使用する情報伝達機器で光回線が用いられています。