固定金利、変動金利からの住宅ローン借換絵の方法は?

低金利時代が続き住宅ローン借換をするのには、良い時かと思います。
金融公庫からの借換が一般的かと思いますが、銀行から他の金融機関への変更と言うのも多いでしょう。
自由金利の時代の今各銀行間の金利状況を確認する事も重要です。
それに借り換えや繰り上げ返済時の各手数料の違いも考慮に入れた方が良いでしょう。
3年5年10年固定、変動金利や生命保険が付随したりと種類も様々あります。
まずは固定か変動かです、中々世の中の動きで変わりますので判断が難しいですが、自分自身の将来を見据えてよりお得な借り換えが選べれば良いでしょう。
金利だけをみて今より下がると思っても、実は借り換え手数料一括返済手続きでほとんど変わらない、逆に総支払では高くなってしまうという事もありますから、表面の金利に惑わされる事なく慎重に選ぶ事が必要です。
窓口に行かなくともネットで見積もとれますし、銀行でも土日にもローンの相談を行っていますからこれらを上手に利用して十分納得のいく借り換えをしたいものです。
住宅ローンの借り換えを比較して金利が安い銀行は?