住宅ローン減税が受けられる期間は?

住宅ローン減税が適用される期間は、最長で10年間です。
この期間は年末の住宅ローン残高の1%が所得税から控除されます。
住宅ローン減税が適用される条件は、住宅ローン債務者が居住するための住宅を購入する際の減税措置なので、本人がその住宅に居住していなければなりません。
規定では、住宅を取得してから6ヶ月以内に居住を開始し、そのまま年末まで居住を継続していることが必須条件です。
従って、住宅ローンの還付申告には住民票の提出が必要になります。
又、返済期間が10年以上の住宅ローンに適用させるので住宅ローンを借入れた金融機関からの「借入金残高証明書」の提出も必要です。
還付申請の手続きはサラリーマンの人は最初の1回だけ行えば良く、残りの期間は年末調整でOKです。