看護師のお仕事は大変?

どうしてナースはたくさん動くのでしょうか。
オフィスワーカーと比べると動く量が数倍は多いです。
患者さんをストレッチャー、もしくは、車椅子を利用して運搬したり、ナースコールでの呼び出しがあったら、すぐに病室にダッシュしたりするからでしょう。
転職サイト、看護roo!の中の看護師のみが参加できるコミュニティサービスも、先輩看護師によるアドバイスや看護師が知りたい情報が網羅されていて、ずいぶん人気を集めています。
また、看護師の疑問や質問、それに対する回答もコミュニティ内で知ることができるため、すごく役に立ちます。
介護士と看護師の仕事内容の最大の違いは、看護師であれば、お医者様の指示のもとに、医療的な行為が可能だということです。
注射、点滴、投薬などは、看護師にしか行えません。
大変ですし、ストレスも多い仕事ですが、自信を持ってこの職業しかないと思う看護師が多いのは、しっかりとした責任感や使命感があるためだと言えるかもしれないですね。
看護師が病院や医療施設などで勤務する時、配属先がとても重要な要素です。
同じ病院で働く場合でも割り当てられる診療科によって、仕事の内容が大きく異なります。
自分が希望する仕事が割り当てられたなら問題は発生しませんが、得意ではないと感じている配属先だと仕事にうまく馴染めない場合もあります。
国内の看護師の年収は平均して437万円ほどです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院の看護師は、公務員として勤めているため、年収は平均593万円程度になります。
公務員として勤務している看護師は給与の上がる率も民間病院と比較すると高く、福利厚生も満足いくものになっています。
准看護師として勤務している場合は、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いです。